Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『パワー・トゥー・ザ・ピープル』上映会&トークin盛岡

久々の投稿になりました。
いろいろお伝えしたいことがありますので、これから少しずつ投稿していきたいと思います。

まずはイベントのご紹介です。
1月26日(日)、プラザおでってで、映画「パワー・トゥー・ザ・ピープル」の上映会を開催します。
上映会のあと、少しだけ私も登壇しお話しさせて頂きます。

自然エネルギーはとても敷居が低く薪一本からでも始められることや、究極の市民革命であるということをお話ししたいと思っています。

当日参加OKですが、事前申し込み頂けると幸いです。

映画の予告編はこちらからご覧になれます。
http://unitedpeople.jp/p2p/


-------------------------------------------------
「岩手発!市民が作るエネルギー
映画『パワー・トゥー・ザ・ピープル』上映会&トークin盛岡」
-------------------------------------------------

■開催趣旨
 100%自然エネルギーの島、地域住民自らがつくる発電所…、
世界ではワクワクするような「作るエネルギー」の取り組みが始まっています!
新しいエネルギーと共に、地域での経済の好循環も生まれています。
グローバルで巨大な管理社会から、地域が主役の社会システムへ。
それを実行していくのは人びとの力。
元気がないと言われて久しい地方で、未来世代にどんな社会を手渡すのか、
私たちの選択が問われています。
 映画を観て、岩手でも始まっている「作るエネルギー」の取り組みをシェアし、
岩手での“パワー・トゥー・ザ・ピープル=人びとにパワーを!”について、
一緒に考えてみませんか?


■日時;2014年1月26日(日曜日)
13:30~16:00 (開場13:15)

■場所
プラザおでって 3階おでってホール
盛岡市中ノ橋1-1-10(JR盛岡駅よりバスで約10分)
http://www.odette.or.jp/plaza-odette/?page_id=44

■プログラム
1、あいさつ&趣旨説明
2、映画上映(50分)
3、トークセッション
・ミニトーク
「森のエネルギーを地域の手で作る(仮)」
  岩手・木質バイオマス研究会 伊藤幸男さん
「地域と手を結んで~紫波町市民参加型おひさま発電事業」
  紫波グリーンエネルギー 山口勝洋さん
・トークセッション  ※会場の皆さんもご一緒に!
 コーディネーター;
  岩手県議会議員/いわて林業女子会(仮称) 吉田けい子さん

  ※終了後、懇親会を行います!(有志の方、実費)


■参加方法;
参加費 無料
事前に、下記申込フォームもしくはFAXで申込ください
https://ssl.form-mailer.jp/fms/bc885683278949
 ※当日参加も歓迎です

■共催
岩手・木質バイオマス研究会
紫波グリーンエネルギー(株)
サステナジー(株)

■後援
NPO法人岩手子ども環境研究所(森と風のがっこう)
NPO法人環境パートナーシッププラザいわて
NPO紫波みらい研究所
環境エネルギー普及(株)
紫波町
盛岡信用金庫


■問合せ
紫波グリーンエネルギー
電話 019-672-6141 Fax 050-3737-2747
担当;氏家  f.ujiie@shiwa-green.co.jp

東北・木質バイオマスシンポジウム2013

来年の話ですが、岩手大学にて木質バイオマスのシンポジウムを開催いたします。精力的に活動されている、バイオマス産業社会ネットワークの泊みゆきさんによる企画です。
泊さんのご指名により、私も登壇予定です。

復興と関わって、木質バイオマスもこれからが正念場であり、新しい地域社会、地域経済を作っていくために、より具体的になにをどのようにしていけば良いのかが問われていると思うのです。

このシンポジウムがひとつのきっかけになっていけばと思っています。


---
東北・木質バイオマスシンポジウム2013
 ~311を超えて 持続可能で地域自立に向けての木質バイオマス利用のために~

311の震災は、東北地方に甚大な地震、津波、放射能汚染の被害をもたらしました。その一方で脱原発・再生可能エネルギー拡大の機運を大きく高める契機となりまた。そして2012年7月から再生可能エネルギー電力買取制度(FIT)が始まり、莫大な復興予算も投じられています。
こうしたなかで、東北地方の持続可能な木質バイオマス利用推進のために、関係者は何をすべきか、そしてそのための協力関係の構築について議論を行います。適切で効果的な森林資源管理・バイオマス利用促進策への向けての関係者の情報交換の場を設定しました。

日時:2013年1月16日(水)13:30~17:30
会場:岩手大学北桐ホール(岩手県盛岡市上田三丁目18番8号)盛岡駅よりバス10分
主催:NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)
共催:W-BRIDGE 岩手・木質バイオマス研究会
後援:岩手大学(予定)
参加費:BIN会員 無料、一般 1000円(資料代)
プログラム:(一部内容が変更になる場合がありますが、どうぞご了承ください。)

開会挨拶 NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク理事長 泊 みゆき

1.東北の林産業のバランスのとれた発展と木質バイオマス利用拡大とは
   岩手大学准教授、岩手・木質バイオマス研究会会長 伊藤幸男氏

2.再生可能エネルギー電力買取制度(FIT)開始と地域の持続可能な森林資源利用~石炭火力発電所への木質バイオマス混焼事業について~
   釜石地方森林組合 高橋幸男氏

3.311と東北地域のバイオマス協力の形成
   NPO法人日本の森・バイオマスネットワーク副理事長 大場 隆博氏

4.福島における木質バイオマス利用と放射能汚染にどう取り組むか
   阿武隈・八溝木質バイオマス協議会会長 鈴木正美氏

5.パネルディスカッション
「311後の東北の持続可能な木質バイオマス利用推進に向けてなすべきこと(仮題)」
   コーディネーター 泊みゆき
   パネリスト 講演者+岡田久典氏(W-BRIDGE)

6.交流会(参加費2000円)


※参加をご希望される方は、BIN http://www.npobin.net/apply/ からお申し込みください。
交流会にご参加される場合は、その旨ご記入ください。

年頭所感...の原稿執筆

すっかり、ブログを休んでしまいました。
久々に書き込みたいと思います。

岩手県の林業業界誌である「岩手林業新報」さんより、毎年、新年号に掲載される「年頭所感」を執筆させていただいております。歴史ある林業関連団体と並んで、岩手・木質バイオマス研究会の年頭所感を掲載させていただくのは大変名誉なことと思っております。

毎年苦労して執筆するのですが、今年は「等身大の木質バイオマス経済を目指して」というタイトルで書いてみました(タイトルをつけるのは私ぐらいですけども...)。熱利用を伴わない木質バイオマス発電の抱える課題をこの機会に整理してみようという試みです。

先ほどようやく完成したところです。
岩手林業新報の新年号をご期待ください。

脱原発・再生エネルギー学習講演会およびシンポジウム

今週、9月13日と15日に標記の学習講演会とシンポジウムが開催されます。
ドイツ、ボットロップ市市長の話は聞いてみたいですね。
13日と15日は会場が異なりますのでご注意下さい。

詳しくは、こちら↓をご覧下さい。
http://iwate.kenren-coop.jp/04news/news_120903_01.html

●脱原発・再生可能エネルギーに関する学習講演会(9月13日)開催案内(参加費無料)

◇主催:ドイツの脱原発・再生可能エネルギーから学ぶ講演会・シンポジウムを成功させる実行委員会 公益財団法人 岩手県国際交流協会
◇開催日時:2012年9月13日(木) 10時~12時
◇会場:いわて県民情報交流センター「アイ-ナ」 ホール(盛岡市 地図・アクセス)
◇講演:「ボットロップ市市長から学ぶ、ドイツの努力と取り組み」
     ベルント・ティシュラー・ ドイツボットロップ市市長
◇参加:参加費無料 保育あり※9月8日までにお申し込みください


●ドイツの脱原発・再生可能エネルギーから学ぶエネルギーシンポジウム(9月15日)開催要領

◇主催:ドイツの脱原発・再生可能エネルギーから学ぶ講演会・シンポジウムを成功させる実行委員会
◇開催日時:2012年9月15日(土) 10時30分~16時
◇会場:岩手県水産会館 大会議室(盛岡市 地図・アクセス)
◇テーマ:「ドイツの脱原発・再生可能エネルギーから学び、地域のエネルギー自給を高める岩手の取組み考えるシンポジウム」
◇パネリスト:ティシュラー市長・梶山富士通総研上席研究員・藤原孝紫波町町長・中村哲雄葛巻町前町長・五十川雅彦(株)環境エルルギー普及社社員・吉田けい子岩手県議
◇参加・申込方法:先着120名・要事前申込 参加費 1000円 当日お支払いください。
         電話またはメールで別掲の案内チラシの申込先にお申し込みください。

世界は良くなっているのか悪くなっているのか

昨日の夕方、事務局のHさんとしばし立ち話をした際、「世界は良くなっているのか悪くなっているのか」という話題となりました。Hさんは「悪くなっている」とのこと。なぜか、「ニホンカワウソが絶滅したから」とのことです(事務局ブログを参照下さい)。

私は常に良い側面をみたいと思っているので、「良くなっている」あるいは「良くなっていく」と考えるようにしています(現実が過酷なのは百も承知ですが...)。例えば、脱原発をめぐる動きは震災前には考えられないような状況です。盛岡でも毎週金曜日の夕方、脱原発のデモがおこなわれており、毎週100人以上!が集まるそうです(盛岡でこの人数はすごいことだと思います)。しかも、呼びかけ人はごく普通の女性です。多くの人の意識が大きく変わりつつあると感じます。

先週は私の妻も参加してきました。
私はというと...子守をしてました(デモにも見えない苦労があると言うことです 苦笑)

今日も実施されるようです。盛岡のデモに参加したい方はこちらをご参照下さい。
盛岡でもデモし隊☆ 脱原発盛岡金曜デモ

総会後

最後の投稿から、あっという間に2ヶ月が経ってしまいました。
この間、5割増しで仕事をしておりましたが、7月20日に無事研究会の総会を終えることが出来ました。代表の任期もあと1年ですが、よろしくお願いいたします。
また、総会とあわせて開催した、泊みゆきさんの講演会(三井物産環境基金の助成事業)も大変有意義なものとなりました。この場をかりてお礼申し上げます。

総会後は、もう暑さで記憶が薄れておりますが、震災前からの宿題にいよいよ取り組んでおります。
2本の原稿なのですが、1本は無事手が離れ、現在もう1本に取り組んでいます。
その間に、いくつもの原稿依頼がありましたが、そのうちの一つが下記に既に掲載となっております。

現代林業8月号 「実践から見えてきた市場作りとビジネス化の手法」

研究会の政策提言を土台として、改めて考えをまとめてみたものです。
同じ号の相川高信さんの記事も必読です。

自然エネルギー白書2012

既に手にとっておられる方も多いかと思いますが、環境エネルギー政策研究所より「自然エネルギー白書2012」が出版されました。
自然エネルギーの世界的状況と、国内の現状と政策について体系的に学べる良書となっています。

飯田哲也さんが、講演等で常々おっしゃっていることですが、日本は自然エネルギーの爆発的普及の世界的状況から完全に取り残されているということが、この白書においても明らかとなっています。

2010年の自然エネルギーの新規投資額は2110億円。2002年時点では71億円ですから、この8年間に実に30倍の市場へと急成長しています。とりわけここ数年は中国を中心としたアジア・太平洋地域の成長が著しいことが示されています。

日本において自然エネルギーへの投資が遅々としているのはなぜか。
それは、自然エネルギーが普及しては困るという人たちが現在の政治経済を司っているということではないでしょうか。
自然エネルギーの本質のひとつは、エネルギーという安定的内需を国内資源に置き換える作業であり、生きたキャッシュフローを国内あるいは地域にに取り戻すことです。価値生産の大きさが小さくとも、国内に循環するキャッシュフローの割合が高いため、その国民経済や地域経済に与える効果は大きいのです。


自然エネルギーの普及を阻んでいるのは、技術やポテンシャルの問題ではなく、制度・政策の問題であることは明らかです。
エネルギーを国民の手に取り戻すことが日本経済を立て直す上で非常に重要な要件のひとつであることに、早く気がつかなければなりません。

風の丘の風車 その後... 

先日、遠野に行ってきました。
道の駅「風の丘」のシンボルである風車が3月下旬の嵐で壊れてしまったことが事務局ブログで報告されていましたので、その後どうなったか確認してみることにしました。

なんと、羽は撤去され、ただの鉄柱になっていました(苦笑)
シンボルだけに、早期に復旧してもらいたいですね。

風の丘

久米繊維工業(株)が復興支援Tシャツプロジェクト

久米繊維工業(株)が復興支援Tシャツプロジェクトを開始しました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/kumeseni/index.html

支援したい団体のTシャツを購入すると、その団体に1000円寄付されるというものです。この支援団体のなかに、再生可能エネルギーで被災地支援をしている「つながり・ぬくもりプロジェクト」があります。できれば、「つなぬく」のTシャツをご購入頂きたいのですが、震災直後から地道な支援を行っている団体が多数登録されておりますので、是非このプロジェクトをご支援いただければと思います。

私も早速、「つなぬく」のTシャツを注文してみました。

関電に関するisepの試算

飯田哲也さん率いる環境エネルギー政策研究所(isep)が「原発を再稼働しなくても今夏の電力は足りる(関西電力版)」というブリーフィングペーパーを公表しました。ご参照下さい。
http://t.co/TC0TCjxJ

関電大飯原発の再稼働に関して、「原発がないとたいへんだぞぉ!」という相変わらずの脅しの手法ですが、「原発がなくても、こうやれば乗り切れるよ」というポジティブな提案がどうしてできないのだろうかと思ったりしています。

Appendix

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

プロフィール

wbi_kaicho

Author:wbi_kaicho
2000年に発足し、木質バイオマス利用の推進をおこなっている、岩手・木質バイオマス研究会の3代目会長です。

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。