FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iwatebiomass.blog94.fc2.com/tb.php/30-79a8f88d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

自然エネルギー白書2012

既に手にとっておられる方も多いかと思いますが、環境エネルギー政策研究所より「自然エネルギー白書2012」が出版されました。
自然エネルギーの世界的状況と、国内の現状と政策について体系的に学べる良書となっています。

飯田哲也さんが、講演等で常々おっしゃっていることですが、日本は自然エネルギーの爆発的普及の世界的状況から完全に取り残されているということが、この白書においても明らかとなっています。

2010年の自然エネルギーの新規投資額は2110億円。2002年時点では71億円ですから、この8年間に実に30倍の市場へと急成長しています。とりわけここ数年は中国を中心としたアジア・太平洋地域の成長が著しいことが示されています。

日本において自然エネルギーへの投資が遅々としているのはなぜか。
それは、自然エネルギーが普及しては困るという人たちが現在の政治経済を司っているということではないでしょうか。
自然エネルギーの本質のひとつは、エネルギーという安定的内需を国内資源に置き換える作業であり、生きたキャッシュフローを国内あるいは地域にに取り戻すことです。価値生産の大きさが小さくとも、国内に循環するキャッシュフローの割合が高いため、その国民経済や地域経済に与える効果は大きいのです。


自然エネルギーの普及を阻んでいるのは、技術やポテンシャルの問題ではなく、制度・政策の問題であることは明らかです。
エネルギーを国民の手に取り戻すことが日本経済を立て直す上で非常に重要な要件のひとつであることに、早く気がつかなければなりません。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iwatebiomass.blog94.fc2.com/tb.php/30-79a8f88d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新コメント

プロフィール

wbi_kaicho

Author:wbi_kaicho
2000年に発足し、木質バイオマス利用の推進をおこなっている、岩手・木質バイオマス研究会の3代目会長です。

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。