FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iwatebiomass.blog94.fc2.com/tb.php/35-8ce7505f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

東北・木質バイオマスシンポジウム2013

来年の話ですが、岩手大学にて木質バイオマスのシンポジウムを開催いたします。精力的に活動されている、バイオマス産業社会ネットワークの泊みゆきさんによる企画です。
泊さんのご指名により、私も登壇予定です。

復興と関わって、木質バイオマスもこれからが正念場であり、新しい地域社会、地域経済を作っていくために、より具体的になにをどのようにしていけば良いのかが問われていると思うのです。

このシンポジウムがひとつのきっかけになっていけばと思っています。


---
東北・木質バイオマスシンポジウム2013
 ~311を超えて 持続可能で地域自立に向けての木質バイオマス利用のために~

311の震災は、東北地方に甚大な地震、津波、放射能汚染の被害をもたらしました。その一方で脱原発・再生可能エネルギー拡大の機運を大きく高める契機となりまた。そして2012年7月から再生可能エネルギー電力買取制度(FIT)が始まり、莫大な復興予算も投じられています。
こうしたなかで、東北地方の持続可能な木質バイオマス利用推進のために、関係者は何をすべきか、そしてそのための協力関係の構築について議論を行います。適切で効果的な森林資源管理・バイオマス利用促進策への向けての関係者の情報交換の場を設定しました。

日時:2013年1月16日(水)13:30~17:30
会場:岩手大学北桐ホール(岩手県盛岡市上田三丁目18番8号)盛岡駅よりバス10分
主催:NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)
共催:W-BRIDGE 岩手・木質バイオマス研究会
後援:岩手大学(予定)
参加費:BIN会員 無料、一般 1000円(資料代)
プログラム:(一部内容が変更になる場合がありますが、どうぞご了承ください。)

開会挨拶 NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク理事長 泊 みゆき

1.東北の林産業のバランスのとれた発展と木質バイオマス利用拡大とは
   岩手大学准教授、岩手・木質バイオマス研究会会長 伊藤幸男氏

2.再生可能エネルギー電力買取制度(FIT)開始と地域の持続可能な森林資源利用~石炭火力発電所への木質バイオマス混焼事業について~
   釜石地方森林組合 高橋幸男氏

3.311と東北地域のバイオマス協力の形成
   NPO法人日本の森・バイオマスネットワーク副理事長 大場 隆博氏

4.福島における木質バイオマス利用と放射能汚染にどう取り組むか
   阿武隈・八溝木質バイオマス協議会会長 鈴木正美氏

5.パネルディスカッション
「311後の東北の持続可能な木質バイオマス利用推進に向けてなすべきこと(仮題)」
   コーディネーター 泊みゆき
   パネリスト 講演者+岡田久典氏(W-BRIDGE)

6.交流会(参加費2000円)


※参加をご希望される方は、BIN http://www.npobin.net/apply/ からお申し込みください。
交流会にご参加される場合は、その旨ご記入ください。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://iwatebiomass.blog94.fc2.com/tb.php/35-8ce7505f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

プロフィール

wbi_kaicho

Author:wbi_kaicho
2000年に発足し、木質バイオマス利用の推進をおこなっている、岩手・木質バイオマス研究会の3代目会長です。

検索フォーム

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。